ホーム>スタッフブログ>2013年5月

2013年5月

魯山人展inうらわ美術館

魯山人展.JPG

初めまして!新任料理長の山崎と申します。今後とも、しろうをよろしくお願いいたします。

さて、先日の休みの日に行って来ました! 『魯山人の宇宙』展

皆さまは魯山人を御存じでしょうか?私達、和食の料理人が避けては通れない人物。

陶芸、書、絵画、彫刻、そして料理。すべてが卓越した技術の持ち主のアーティスト。

ピカソや棟方志功とも友達の、昔の偉人です。

私が若いころ修業した店 K では、魯山人の器が多数あり、慎重に手にとって触らせて頂いたものです。

今ではガラス越しにしか見れない器ですが、やはり本物は違いますね!

かの魯山人も、江戸時代の尾形乾山 光琳兄弟 仁清 永楽などの偉大な人物にインスパイアされ

 彼らの写しの器を、たくさん造ったそうです。

もちろん現代においても、沢山の作家さんがスーパースター達の写しの器を造っております。

自分自身、器が大好きで、骨董から作家物など季節に合わせて、昔から器収集に励んで来ました。

特に尾形乾山が好きで、乾山写しの器を(本物は重文や国宝)集めてます。

お店で使ってる器の写真をちょっと紹介します!

乾山四角.JPG 水仙.JPG

短冊.JPG 雪笹.JPG

筒向.JPG

こういう器たちに、どんな料理を乗せてみようかと、日々仕入れから仕込みをしております!!

器好きな方がいらっしゃいましたら、是非しろうに食べに来てください!!